樹脂サッシSa様邸

Sa様邸では屋根にガルバリウム鋼板を葺いています。


写真ではわかりにくいですが、こげ茶の落ち着いた色目の屋根材です。
同じガルバリウム鋼板でも表面塗膜の耐久性が違います。
オーブルホームでは15年の塗膜保証のある物を選んでいますが、板金屋さんに聞くと一般的には10年の保証の物が多いそうです。
こう言った部分は通常、確認することが難しく、当然コストにも影響が出るので、その会社の考え方が出る部分でもあると考えています。


大工さんの工事も進んでいます。
外壁の下地板も貼り終わり、樹脂サッシの取付けを行っています。

樹脂サッシ
樹脂サッシを使う事で断熱性が高く、結露がしにくくなります。
家の中で熱が最も出入りするのが窓になる為、この窓によって断熱性能に大きく差がでて、結露や光熱費に影響を与えます。
光熱費も建てた後、初めてその差がわかる(実際には比べないとわかりませんが・・)のですが、ここにもその会社の姿勢が出ると思います。

家を建ててから掛かるメンテナンス費や光熱費まで考えているかどうかで長い目で見たコストは逆転する場合もあります。
さらに日々の暮らしの心地良さやその快適性まで考えるとその差は費用以上のものがあると考えている為、そういったご提案ができるように日々、研鑽を積んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする