高砂市Sa様邸上棟

今日は高砂市のSa様邸で上棟を行いました。


先日、上棟に先立って、土台敷きを行っていました。
床の断熱材や床の下地板まで貼り終えて、上棟時の材料を搬入した状態でした。(下の写真)
そして今日の朝、1階の柱から立て始めて、2階の床梁、床下地と順番に作業を進めました。

さらに2階の柱を立てて小屋梁を組んで、傾きがないようにチェックして直して、金物を取り付けていきました。

大工さん達の手際の良い作業は続き、昼前には棟木も納まりました。

写真の通り、非常に良い天気でほとんど曇ることもなく、1日中炎天下での作業になりました。
それでも大工さん達がいつも通りの作業を続けてくれたおかげで無事、棟も上がり、予定していた通り、屋根の下地と外壁下地の仮留めまで進みました。

屋根の下地の上から防水シートを貼り、屋根からの雨水も心配なくなりました。

外部をシートで覆って、今日の作業を終えた後、夕方には上棟式を行わせて頂きました。
途中、Sa様ご家族には暑い中、何度も現場に足を運んで下さっただけでなく、大工さん達に差し入れやお昼のご用意など、細かいところまでお気遣い頂きました。
大工さん達もそのお心遣いが嬉しかったそうです。
暑い中、大変だったと思いますが、本当にいろいろとありがとうございました。

これからは徐々にですが、作業も進んでいきますので、また途中の工事過程もぜひお楽しみ頂ければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする