神戸市西区NT様邸階段造作

神戸市西区のNT様邸では階段の造作が終わりました。

階段の段板は無垢のタモ材を使用しています。
この階段材は一般的には薄い板が貼られた物がよく使われていますが、数十年経つと角が削れたり、物を落として傷ついて下地材が見えたりします。
そうなると少し残念な感じが私なんかはしてしまいます。
その為、無垢板を使って、現場で大工さんが加工を行うことで、より長く愛着を持って頂けるのではないかと思い、手間のかかる材料を使っています。


大工さんの作業は順調に進み、天井の下地ボードを貼り終えて、壁の下地ボードや建具枠、窓枠などの造作工事を行っています。


外部では左官屋さんが2回目のモルタル下地塗りを行っています。
写真の白いネットはグラスファイバーメッシュと言いますが、モルタルのひび割れを軽減します。

仕上げには伸び縮みする素材を塗る予定ですので、さらに割れが出にくくなり、防水性があることで、この下地モルタルの劣化も遅らせることができます。

この後、養生期間をとって、仕上げ塗りの工程に進みます。
そして、お盆前にはいよいよ外部の足場も外れる予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする