オークフローリングSa様邸

高砂市のSa様邸では断熱材の施工も終わり、オークフローリングを貼りました。

オークフローリング
このオークフローリングは幅が広く、色ムラや節も比較的少ない上質なものを使っています。
同じオークのフローリングでも幅が狭い色ムラが激しかったり、節がかなり入ると全体に貼った時にインテリアのイメージがかなり変わってしまいます。
ラスティックなイメージのお店などでは良いのかもしれませんが、住宅では少し落ち着いた雰囲気にした方が家具なども合わせ易く、馴染み易いと思います。
オークのフローリングを使い始めてから10年以上になりますが、様々なものを見てきた中で、その色合いや幅、安定性などを考えてベストなものをご提案しています。


床を貼る前には電気配線を行っていますが、写真の通り、すごい数の配線を行っています。
これらの線を1本1本間違いの無いように電気屋さんが所定の場所に配線しています。


外部では先日貼っていた通気ラスの上からモルタルの下塗りを行っています。
表面をわざと粗く塗ることで2回目に塗るモルタルとの接着性を高めます。
このモルタルにも表面に割れが出にくい工夫を行っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする