飾り棚

高砂市のSa様邸では大工さんの作業が進んでいます。

飾り棚
天井の下地となる石膏ボードを貼り終えた後、壁の下地ボードを順次、貼っています。
写真はダイニングの飾り棚を設置したところですが、仕上げを行ってから棚受け金物を取付けます。
こういった所にも下地がないと金具が留めれない為、このボードの後ろには補強を行っています。


窓の周りに木の枠も取り付けています。
この窓枠は一般的にはシートが貼られたものが使われますが、表面に傷がつくと中から段ボールのような紙を圧縮したものが見えてしまいます。
そうなると一般の方ではメンテナンスするのが難しく取り替えるしかなくなります。
木の枠材を使っていると表面が傷ついても削ったり、一般の方でも補修をすることができます。
長い期間、良い状態を保つことができ、メンテナンスもできるという事が大事だと考えている為、このような素材を使っています。


ウォークインクローゼットの中の収納も木を使って造作しています。
ハンガーパイプも取り付ける予定ですが、収納量もあり、あとで手を加えることも可能です。

現場では今週中には階段の造作も行い、大工さんの造作作業も大詰めを迎えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする