2017年04月24日
Ni様邸太陽光発電設置
Ni様邸では外壁の仕上げ塗りが終わりました。
2017042420432117110.jpg
仕上げには先日ご紹介したシラス壁を
塗っています。
塗りつけた後、スチロ鏝で表面を
わざと荒くして仕上げています。







シラス壁の特徴としては汚れに強い、経年劣化しない、耐火性に優れている
凍害や塩害にも強い、土に還る素材ということでかなり良いものです。

実はこのシラス壁、10年以上前に施工させて頂いたオーブルホームとして
1棟目のI様邸で採用して頂きました。
経年変化を見てきて、やはり優れている点がわかり、
雰囲気が合う方やメンテナンス費用を気にされる方には
特にお薦めできると確信を持つことができました。

ただ、価格面で少し高い点と雰囲気が少し和のテイストになる為、
好みが分かれることがあります。
Ni様邸では和と洋との雰囲気を取り入れて
コーディネートしている為、仕上がりがとても楽しみです。

屋根では太陽光発電のパネル施工も終わりました。
2017042420533918875.jpg

この分譲地の条件として
太陽光発電の設置がほぼ義務付け
されていることがありました。

高性能な家とこの太陽光発電の設置で
ほぼゼロエネルギー住宅の基準を
満たしています。



ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)がすごい性能の家のように
宣伝されていますが、そこそこの性能でも太陽光発電パネルを
たくさん載せればZEHにすることは難しくありません。
ただ、Ni様邸のように4kw程度の太陽光発電パネルでZEHに
しようと思うとかなりの性能と、設計の工夫がいります。

ZEHにすることは決して悪いことではなく、
むしろ良いことだとは思いますが、設備機器だけで
解決するやり方にはどうしても賛成できません。
まずは家の性能をしっかりと上げて、その上で設備機器を最小限で
達成できるのが理想だと考えてご提案しています。

そんなNi様邸の外部の作業は雨樋などを施工して、
今週末には足場を外す予定です。