14世紀の家々が現存している村
 DSC00286_1.jpg ウイリアム・モリスが『英国で最も美しい村』と
称えただけあって、実際に訪れてみると
暮らしている人々がいかに大切にしているかが
よくわかりました。
 IMG_0571.jpg 独特のグリーンのドアと黒く塗装された
窓がなじんでいて、変に目立たないように
考えられています。
 IMG_0602.jpg 14世紀に羊毛産業で栄えた村に
建てられた立派な建物が手入れされて
現在でも見ることができます。
周りの緑も手入れが行き届いています。
 DSC00300.jpg 村を流れる川にかかる橋も石で
造られていて、数百年の時を
経た風格があらわれていました。
 IMG_0590.jpg 村にあったお土産屋さん。
美しく古い建物をそのまま使った
商店はとても風情があって、
残して欲しい風景です。
 P1030763.jpg ホテルの中です。
階段の手すりや上の透明の
ステンドグラス、壁の白く
ペイントされた板、照明器具、
絨毯など、とてもセンスよく
まとめられていました。
 IMG_0638.jpg コッツウォルズのベニスと呼ばれる村。
川のほとりはバカンスを楽しむ
たくさんの人がくつろいでいました。
 IMG_0633.jpg こちらの看板も景観に合うように
デザインされ、変に目立つだけのものは
ほとんどありませんでした。
 IMG_0662.jpg 玄関の庇とアプローチの両サイドにある
花が訪れる人を出迎えてくれそうです。
 DSC00311.jpg

 謎の飾り。
でも笑顔で迎えてくれているようで
なぜか笑ってしまいます。
 DSC00314.jpg  道行く人を楽しませてくれる花々は
とても手入れが行き届いていて、
歩いているだけで嬉しい気持ちになります。
 DSC00330.jpg このお宅も道路沿いや
アプローチの庭が手入れされていて、
思わず門を開けて眺めたくなります。
 P1030782.jpg 連棟の建物もそれぞれの家で
窓の色や玄関ドア、ガーデニングに
個性が出ていて日本との違いを
痛感しました。
 IMG_0650.jpg  外壁や塀などに使われている
この地域独特のコッツウォルズストーンが
なんとも言えない絶妙の風合いです。