ハーフティンバーと城壁の町
 IMG_0367_1.jpg プロテスタントの教会なのですが、
ステンドガラスや木の彫刻が
見事でした。
 IMG_0402_1.jpg ハーフティンバーの美しい街並み。
 IMG_0431.jpg こちらはレンガ造りで
統一された街並み。
実は上と同じ町の中なんです。
通りごとにこれほど見事に
統一されているのがすごい。
 IMG_0416.jpg ハーフティンバーの装飾が競うように
デザインされていました。
 IMG_0413.jpg 透明でシンプルなステンドグラスは
さりげないお洒落で私たち好みでした。
 IMG_0439.jpg よく考えられた植栽が
美しい庭でした。
 IMG_0476.jpg これも庭の一部です。
水の流れに癒しを感じるのは
万国共通なのでしょうか。
 P1030719.jpg 水鏡に映し出された建物と
蓮の花がとても幻想的です。
 IMG_0479.jpg この建物、実はトイレです。
本物の素材を使った建物は
すごい!の一言。
 P1030704.jpg 5月にはキングサリ(ラバーナム)と
呼ばれる黄色い花がアーチ状に
咲き誇るそうです。
とても綺麗だろうなぁと想像しながら
歩いてきました。
P1030703.jpg

 オークの骨組です。
さすがはオークの本場です。
贅沢に太い無垢の木が使われています。
組み方も独特で面白い。

 IMG_0502.jpg 左のレストランの敷地でしょうか?
奥には階段があり、通路にもなっている
ような気がしますが、このように曖昧な
ところは日本にはない感覚です。
 P1030738.jpg ハーフティンバーが美しい建物。
完全にシンメトリーでなくてもバランスが
とれたデザインになっています。
 P1030735.jpg 珍しくティンバーの部分がレンガに
合わせて塗装されていました。
 P1030740.jpg 妻壁部分のデザインがとても見事で
思わず近よって見てしまいました。
ただ付けただけでなく、レンガや彫刻
された本物の素材を使用していました。
 IMG_0522.jpg 公園の中で見つけたリス。
人に慣れていて近くでどんぐりを
食べている姿を見せてくれました。