2011年11月16日
無垢の床材
今日は、無垢の床材についてふれてみたいと思います。

どのお宅でも、お客様のイメージされているインテリアや
雰囲気に合った床材を選んでいますが、
コスト面も考えて一番良いと思うもので
ご提案させて頂いてます。

フローリングは、そうそう張り替えるものではありませんし、
毎日、その上で家族が何十年も過ごすわけです。
ですので、表面が剥がれたりささくれたりする
突板と呼ばれるフローリングを使ったり、
もともとの木の色や風合いを消すような塗装を施すことは
出来るだけ避けたいと考えています。
アンティークのような風合いが出るものならまだしも、
メッキが剥げるようなのは悲しいですよね。

2011111611273410759.jpg2011111611271620047.jpg






















過去の例からご紹介すると、
左上は、シャープでモダンな雰囲気を好まれた加西市UD様のお宅では、
希少な幅広のブラックウォールナットを採用しました。
無色のオイルで仕上げるだけで上品なツヤのある渋い色合いになります。

右上は、明石市J様のお宅で採用しました。アンティークで味のある幅広のオークです。
こちらも無色のオイルだけで仕上げています。
独特の色むらと節が、アンティークのドアや家具が良く似合う空間に仕上がっています。

左下は、もともとログハウスが好きだったという神戸市西区IA様のお宅。
節のあるパインの温かい雰囲気を好まれていましたので、
無塗装で仕上げています。

右下の神戸市垂水区To様邸では、タモ材を採用しました。
上品な木目のタモ材は、和にも洋にも似合います。
オイルのみで、きれいな木目をそのまま生かした仕上げです。

2011111611284221209.jpg2011111611281310702.jpg






















長くなりましたので今日はこのへんで。
次回に続きます!(近いうちに・・・)