漆喰塗り

このサイトのデザインをブログらしいものにイメージチェンジしました。
またトップの写真もこれからたまに変えていきたいと思います。
今回はUD様邸の外観を使用させて頂きました。

さて、Y様邸では足場が外れ、内装の工事も大詰めを迎えています。

2011021721010818794.jpg2011021721012718840.jpg










外部の漆喰と木製サッシ、玄関庇のコントラストが
良い感じで仕上がっています。

外部もそうですが、内部の壁もほとんどがヨーロッパの漆喰を使っています。
ヨーロッパの漆喰の中でもオーブルホームではオーストリアの漆喰を
指定して使っています。
というのも、その質感が良いことはもちろんですが、
塗った直後でも臭いがほとんどしないことからも
接着のための物質をほとんど添加していないことがわかるためです。

他のヨーロッパ漆喰でも接着剤などは使っていないと言うものはあっても
実際に施工している時はセルロースなどの臭いがします。
乾くとほとんど臭いませんが、少し気になります。

そう言った意味でも現在のところ、
弊社では漆喰ならこの素材と決めています。
左官屋さんは塗るのに手間が掛かるのと
慣れるまでコツをつかむのが大変そうですが、
頑張って塗ってもらっています。

そんなY様邸も来週末に完成内覧会を行います。
本物の漆喰と無垢の木を使ったお家の
実物をご覧頂ける数少ない機会ですので、
ご興味のある方はこの機会にお申込み頂ければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする