HN様邸と北欧アンティーク

先日、完成内覧会をさせて頂いたHN様邸を 少し ご紹介したいと思います。
下の画像は、キッチンから近いところに設けた パソコンコーナーですが、壁の一面をグレーでペイントしています。

201704171531183620.jpg

















「グレー」と言っても明るい・暗い・色みを帯びたものなど かなりの色幅がありますが、こちらのお宅では ほんのわずかに乾いた草の色を思わせるニュアンスのあるグレーでペイントしました。
冷たさを感じないあたたかなグレーカラーがお家の雰囲気にとても良く馴染んでいました♪
たくさんのお宅でカラーペイントの壁を採用される事が多くなってきましたが、
部屋の方位や日の入り方などによっても色合いが変わって見えるので、
実際に塗られた部屋をイメージするのはなかなか難しいものかもしれません。
そこで、当社では引っ越し後に入れられるインテリアファブリックのイメージや
お好みのカラーテイストと系統を聞かせて頂き、こちらである程度選択してご提案後、お選びいただくようにしています。

また下の画像はアンティークのステンドグラスですが、アンティークは一期一会なので、出会った時に買っておき いつか施主様のお宅で採用して頂く日まで大切にストックしています。
2_2.jpg
















こちらはシンプルですが、ありそうでなかなか見つからないデザインと オークの木枠も状態の良いイギリスアンティークのステンドでした。 吹き抜けに面した2階の居室の壁にお付けしたので、 夜になると吹き抜けの光がふわっと広がり 模様が天井に浮かび上がって・・・
これがまた素敵でした♡
こちらは北欧のヴィンテージ照明↓
1_5.jpg
















アイアンの装飾とチーク材、イエローガラスを使った デザインが特徴のペンダントライトです。 こちらも二度と出会えないかもしれないヴィンテージだと思い購入後は、HN様にご紹介するまで大切に温めていました(笑)
明かりを灯すと凹凸のあるガラスが照らされた壁に放射線状の影を作ります。これひとつで、一気にノスタルジックな雰囲気がアップする照明です ^^アンティーク&ヴィンテージなどは
今までのお宅でも、これから着工予定のお宅でもそのものの味わいや特徴をご理解頂き、良いと思って下さる方にご紹介させて頂いております。
こうして、時代を超えて愛され続けてきたものを
新しいお宅で受け継がれていくことは、
とても素敵なことだと思っています。 sio.y

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする