Ni様邸レッドシダー板貼り

Ni様邸では外部の作業が進んでいます。
2017032520134534169.jpg
水は通さず、湿気は通す
透湿防水シートを貼った後、
通気胴縁(桟)の取付けを
行いました。

この胴縁の間を空気が通り、
壁の中の湿気を逃がします。
胴縁の上から通気用の
ラスを貼る予定です。


2017032520171634755.jpg
通気胴縁の施工が終わると
軒裏の板貼りを行いました。

これは玄関の庇部分の軒裏ですが、
ウエスタンレッドシダー(米杉)と
言う耐久性のある板材を貼っています。

この後、オイル塗装を行うことで
色目も落ち着いた雰囲気になります。


2017032520213832330.jpg

内部では設備の配管や
電気の配線工事を行っています。

Ni様邸ではオール電化と
太陽光発電システムを
採用していますので、
電気の配線はかなりの
数になります。


内部では大工さんが断熱材の施工を行い、
床のフローリングも施工していく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする