KM様邸断熱工事

KM様邸では断熱工事が進んでいます。
2017030818074142303.jpg2017030818075642249.jpg











柱と柱の間にびっしりと隙間なく断熱材を丁寧に入れた後、
気密シートを全面に貼っています。
壁に入っている断熱材は高性能グラスウールでも
より密度の高いもので完全に自立するほどの物で
垂れ下がったり、将来に渡って上部に隙間が出る心配もありません。
また、気密シートをしっかりと施工して
隙間ができないように気密テープで処理をすることで
家全体の気密性を確保します。
いくら良い断熱材を使っていても気密性が低いと
その断熱効果が発揮されない為、断熱と気密は
セットで考える必要があります。
さらに、現場でその施工がしっかりとされていないと
設計した通りの断熱性能は全く確保できません。
その為にも現場に足を運んで、大工さんと確認をして
チェックする必要があります。

外部の作業も進んでいます。
2017030818210644232.jpg
防水シートを貼った後、
通気胴縁と言う、木の桟を
取付けました。
破風板と呼ばれる屋根の先に
付いた板はウエスタンレッドシダーと
言う耐久性のある木材を使用し、
軒裏にも化粧の板材を貼っています。




2017030818254343577.jpg


その上から塗装を施した
ラスと呼ばれる金網を
貼っています。

そしてこの上に
モルタルを塗っていきます。



内部では床のフローリング貼りの作業も始まっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする