イングリッシュガーデン

IMG_0726.jpgとても面白い建物だったので
思わず写真を撮りました。
人の顔のようにも見えます。
IMG_0710.jpgイングリッシュガーデンらしい
整形な庭でした。
IMG_0715.jpgこんなトンネルを歩いていると
詩が浮かんだり、物思いにふけって
新しい発想がわきそうです?
IMG_0722.jpg かかし?!
ふざけているとしか思えない
顔の絵ですが・・
これもイギリス流のジョークでしょうか?
IMG_0711.jpg 家のカタチをしたトピアリー。
遊び心が見る者を楽しませてくれます。
P1030801.jpg ロックガーデンのエリアがありました。
IMG_0746.jpg アンティークの家具を壁の中に
埋め込んだのか新しい家具を
埋め込んで造ってアンティークに
なったのか定かではありませんが、
すっきりしています。
IMG_0793.jpg 玄関先にあるベンチと花があることで
温かみが出でいます。
IMG_0744.jpg 明かりを取り入れながら
プライバシーを守る工夫です。
外からの目線も気にして
ディスプレイするものも気を使っています。
P1030809.jpg

 ここからはアプローチ編。
石と植栽でとても気持ちの
良いアプローチです。
P1030811.jpg くっきり分けるのではなく、自然に
通路があるようにするのはとても難しく
手入れも必要になります。
それだけにこんなアプローチには
惹かれます
P1030825.jpg路地のようなところでも
石など自然のものを使うことで
年月が経ってもその変化を
楽しめるのが良いです。
IMG_0874.jpg道路との間に段差のある
敷地もアプローチをゆったり
とって計画することで
とても魅力的になります。
IMG_0986.jpg  坂のアプローチは個人的に
とても魅力を感じます。
横の植栽が理想的です。
IMG_0990.jpg イギリスでは人の敷地でも
このような表示のあるところは
入ることができます。
散歩を楽しむ文化ならではの
豊かさを感じます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする