木製庇

Mo様邸では外部の軒天や木製庇も施工できました。
2015121218590113448.jpg
道路側に面した大きな窓の上に
木製の庇を造作しています。
南側になる為、庇の出幅をしっかりと
確保することで夏の日差しは遮りつつ、
冬の日射熱を室内に取り込むことができます。

また見た目にもアクセントになるように
Mo様のご希望もあり、屋根には
ファイバーグラスシングルを葺いて
木製庇としています。

内部では断熱材の施工を行っています。
2015121219042213474.jpg2015121219043913543.jpg











天井の断熱材は155mmと105mmを重ねて260mm
隙間なく敷きつめています。(左写真)
壁の断熱材も通常のものより密度が高く性能の良いものを
壁の厚み一杯に充填しています。
天井も壁もシートを別貼りすることで
よりしっかりとした気密を確保するようにしています。
2015121220340214213.jpg
こちらは1階の天井部分ですが、
梁部分にも断熱材を施工しています。
これは断熱の意味もあるのですが、
省令準耐火の仕様基準でもあります。

他にも細かい隙間を塞いだり、
断熱性を高める為の
工夫を現場の職人さん達と
確認しながら行っています。


断熱材を施工し終えると床のフローリングを貼り、
外部ではラスを貼った後、左官屋さんがモルタルを塗る予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする