通気胴縁

FM様邸では外部と内部で下地工事を行っています。
2015042920471530707.jpg2015042920473130695.jpg











左の写真は電気の配線を行っているところです。
コンセントや照明器具、スイッチなどたくさんの配線を
間違いがないようにつないでいきます。

右の写真は大工さんが天井下地を組んでいるところです。
この後、断熱材の施工を行います。

2015042920531630830.jpg
外部では防水シートの上から
通気胴縁(木の桟)を施工しています。

この胴縁の間を熱せられて
湿った空気が通って
屋根の棟の換気ガラリから
排出されます。




その通気がしっかり行えるように厚みがしっかり有るもので
防腐処理されたものを使用しています。

その後、軒裏の施工を行っていく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする