造作手摺

Fu様邸では造作工事が佳境を迎えています。
2014112720102128726.jpg2014112720103228733.jpg











左の写真はトイレの手洗いカウンターですが、
大工さんが板を現場で加工しています。
右の写真も造作で作った収納の棚ですが、
仕切り板も含めて木の板を使っています。
素材感や経年変化が楽しめるのが魅力です。
2014112720130628804.jpg


こちらはリビングに入れた
化粧梁ですが、構造材ではなく、
後から取り付けています。






2014112720144028798.jpg
これは2階ホールの手摺を
造作しているところです。
木の親柱の間にアイアンの手摺子を
入れていくのですが、この手摺子の
足の部分は1本ずつ下の板を掘って
埋めていく必要がある為、
とても手間が掛かります。
その分、出来上がった時にとても映えます。



今日も大工さん達は丁寧に作業を進めてくれていますが、
造作作業もあと少しとなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする