気密シート

G様邸では外壁のラス貼りを行っています。
201407152106519687.jpg


通気胴縁の上から直接施工できる
特殊なラス(金網)を使用しています。
ラスはモルタルが剥落するのを防ぎ、
割れも出にくくする重要な役割をします。

この上からモルタル下地を塗っていく予定です。



201407152111539673.jpg内部では気密シートの施工が終わり、
天井下地を組んでいます。

この気密シートは先日ご紹介した
調湿気密シートです。
気密をとりつながら
周りの湿度によって湿気のみを
通す特殊なシートになります。
これによってセルロースファイバーの
調湿性を活かしつつ、弱点である
気密性を高めることができます。

いくら良い断熱材を使用しても気密性が取れていなければ、
熱は逃げてしまいます。
少し極端な例えですが、魔法瓶の熱いお湯も蓋が空いていれば
比較的短時間で冷えてしまいます。
保温するために蓋を閉めることは誰もが考えると思います。

せっかく良い断熱材を使用しているのに
気密性の低い(すき間が多い)住宅を見ると非常にもったいないと思います。
その為にも気密と断熱はセットで考える必要があります。

大工さんは天井下地が終わると床のフローリングを施工していく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする