通気胴縁

G様邸では外部の通気胴縁を施工しています。
2014070218344611657.jpg
仕上げは漆喰塗りを行う為、
この上からラスという金網を施工します。
そのラスをしっかりと留め付けつつ、
壁の中の湿気を外に排出する為に
通気層を設けています。
赤っぽい木を通気胴縁と言い、
赤いのは防腐防蟻処理を行っている為です。

外部に露出するわけではありませんが、
外壁を支えることになるため、
耐久性が求めらます。

出来上がると見えない部分ですが、
こういった一つ一つの要素が重要です。
2014070218474011907.jpg

通気胴縁が終わった所から
軒天を施工しています。
G様邸ではヒノキの化粧板を
使用しています。
上から塗装を行いますが、
思った以上に木目が綺麗で
何かもったいない感じもします。
これは内装の仕上げとしても使えそうです。


2014070218504411853.jpg
内部では壁の下地補強と
電気の配線工事が進んでいます。

G様邸ではセルロース断熱を施工する為、
壁の下地補強や電気配線などを全て
終わらせておく必要があります。

これも地味な部分ですが、仕上げ作業に
大きな影響を及ぼします。





大工さんと打ち合わせしながら作業を進めてもらっています。

これから、内部ではセルロース断熱を行い、
外部では引き続き、軒天などの作業を行っていく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする