書籍紹介

忙しい中ですが、読書好きの私はスローペースで本を読んでいます。

2014031518145920686.jpg

写真の右側の本はブログの左側の
参考になる本に挙げています。

どちらも子供部屋を考える上で
とても興味深い内容なので、
今回紹介させて頂きます。




個人的に、タイトルには違和感を覚えますが、内容は子供部屋だけでなく、
家づくり全体を考える上でとても参考になる内容だと思います。
どちらの本も子供の勉強部屋のあり方に加えて
家族の関係や住空間について考えるきっかけになるという意味でも
ぜひ一度は読んで頂きたい本です。

『わが子を天才に育てる家』では欧米の子供部屋の現状について
少し偏りがある感じは否めませんが、家族でよく話し合って
あらためて考え直すという意味ではとても良い内容だと思います。
私も普段、設計をさせて頂く中で施主様に考えて頂きたいことを
極力お伝えしているつもりですが、体系だって出来ていない部分もある為、
この本の『話し合いのヒント』はとても勉強になりました。

お子様を勉強好きにしたいとお考えの方はぜひ一度読んで頂き、
そこでじっくりとご自身でも考えて頂くことをお薦めします。
すでに知っている内容だったり、当たり前にされている方も
いらっしゃるとは思いますが、読んで頂いて損はないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする