Ka様邸気密測定

Ka様邸では今日、気密測定を行いました。
201312051911073119.jpg


写真の気密測定器を使って
建物内の気圧を下げて、どれだけ
外部からの空気の浸入があるかを測ります。






結果は0.43cm2/m2というなかなかの数値でした。
発泡系の断熱材や外貼り断熱の場合、施工者の技術の差が
数値に大きく現れにくいですが、
充填断熱では施工者によって大きな差が出てしまいます。
それは正しい施工方法が行われていないことと、
大工さんや管理者の技術不足が大きな要因です。
特に西の地域で気密住宅を行う会社で
充填断熱を標準で行っている会社が
少ない理由の一つだと思います。
この数値も慣れた大工さんと現場監督さんが
確認しながら作業を行ってくれたおかげだと思います。

201312051922543256.jpg201312051923153261.jpg











大工さんの作業もあと少しになりましたが、
Ka様邸でも現場での大工さんの造作工事は至る所にあります。
左の写真は腰板ですが、キッチンとの取り合い部分が難しく
家具屋さんとの細かい打ち合わせがあって初めて施工できます。

また、右の写真はリビングとホールの間に入ったステンドグラスですが、
アンティークでシンプルな色のないガラスはあまり出回っていません。
さらにこの大きさとデザインとなると非常に希少なものになります。
とても味のある雰囲気に仕上がりそうで
完成が楽しみです。

これから仕上げに向けて内装工事も進めていく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする