制振ダンパー

今日はKa様邸で瑕疵保険の構造検査がありました。
2013102819535927840.jpgこの検査では主に建物の構造的に
重要な部分をチェックしています。
筋違いや構造面材などはもちろん
その留め付け方や金物など、
一つ一つチェックしてくれています。
こちらでもチェックは行いますが、
重ねてチェックして頂くことで
もれなく確実な構造を確保できます。

検査では特に問題もなく
合格を頂きました。

2013102819572027857.jpg

写真は地域型住宅ブランド化事業で
参加しているグループの条件の一つである
制振ダンパーの設置状況です。

地震時にこの制振ダンパーが働くことで
揺れのエネルギーを吸収し、建物の
変形を軽減することができます。

しかも経年劣化のほとんどない
素材が使われている為、耐久性が高く、
その効果が繰り返し発揮される
造りになっています。

そんなKa様邸は現在サッシの取り付けや天井下地などを組んでいます。
さらに電気屋さんの配線や水道などの設備配管も行っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする