オークフローリング

FA様邸ではシステムバスの施工が終わり、大工さんは床のフローリングを貼り終わりました。
2013073119051416292.jpg2013073119053016228.jpg














写真ではわかりませんが、浴室の窓からの景色がとても良いので、
少し大きめの窓で計画させて頂きました。
ただ、方位的には西面になるため、必要最小限にとどめています。
窓の計画は断熱性や日射侵入、風の取り入れ
視線の問題、デザイン、コストなどさまざまな要素があり、最も難しくもあります。
それだけに慎重に何度も考え直して計画することがあります。

FA様邸の窓も何度か考え直し、外の景色を活かしつつ、
冬の日射を取り入れ、夏の日射が極力入らないようにと考えた結果
現在の計画となりました。
そんな窓の設計に気をつけて見てみると
その設計者の意図や考え方が見えてくるかもしれません。

床のフローリングはオークのフローリングですが、
幅は広めの15cmあるタイプを使用しています。
オークは比較的固く、傷がつきにくい点と
落ち着いた雰囲気が人気です。

これから大工さんは天井のボードを貼り、
付加断熱の施工を行っていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする