勾配天井下地

KS様邸では外壁の板貼りもようやく終わり、
内部の下地工事を行っています。201305292103525020.jpg


写真は2階の勾配天井になる部分の
天井下地です。
斜めの天井にする為に屋根の勾配に
合わせて、下地を組んでいます。
ただ、屋根面と並行に作るわけではなく、
窓の高さを考えて、よりすっきりと見える
高さに調整しています。


201305292106045165.jpgまた1階では天井下地が組み終わった
ところから断熱材を施工しています。
この地域では一般的ではないようですが、
壁には袋に入った断熱材ではなく、
グラスウールむき出しの断熱材を
入れています。
このタイプの断熱材は自立するほど
しっかりと詰まっている為、
将来、断熱材が下がったり、
隙間が空く心配が少ないのが特徴です。

さらにその上から気密シートをしっかりと貼ることで
気密性能を高めることができます。

いまだに、この地域ではグラスウールの断熱材が問題があるように
言う業者さんもあるようですが、私からすれば技術力がないだけだと思います。
何でも正しい使い方を学ばなかったり、改良を行わずに否定をするのは
技術者としては最もやってはいけないことだと新人のころに
叩きこまれた身としては思わず強い口調になってしまいます。

そんな話はさておき、梅雨に入ってしまいましたが、
内部の仕事は順調に進めています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする