太陽光発電量の違い

先週末にWH様邸の1年点検に伺ってきました。

とても丁寧に使われていて、
小さなお子様がいらっしゃるとは思えないほど
片付けられているのに驚きました。
(自宅も見習わなければ・・)

その時に太陽光発電の状況を伺ったのですが、
かなりの発電量でシミュレーションを上回っているようでした。
2012101318264526223.jpg2012101318265926181.jpg













1月の途中からの発電ですが、回収期間が思ったよりも
短くすみそうとおっしゃって頂けました。

気になって自宅の発電量と比較してみました。
2月 366.1kw
3月 426.9kw
4月 503.2kw
5月 510.0kw
6月 426.7kw
7月 514.0kw
8月 591.4kw
9月 443.0kw
ちなみにWH様邸はシャープ製の3.7kw、
自宅は海外(韓国)製の4.2kwです。
取り付けが1年違いで方位などの条件も違う為、
単純な比較はできないと思いますが、
やはり国産メーカーの良さが際立ちます。

単純に回収期間だけを考えると海外製の方が
よいかもしれませんが、日本メーカー品の性能の良さは捨て難いですね。
特に太陽光発電のように長期で考えるものについては
もっと日本製を評価して良いのではと考えさせられる一件でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする