2011年11月01日
木製ドアのメンテナンス2
今日は、先日このブログで書いていた木製ドアの塗装の手順について触れてみます。2011110118492613421.jpg


まずドアの汚れを落とした後、
サンドペーパーを掛けていきます。







2011110118500821191.jpg

次に真鍮ブラシで木目の中にある
汚れなどを取り除きます。







2011110118562318291.jpg

そしてホコリを掃った後、
塗装を行います。
塗料は基本的にはオイルですので、
布にしみこませてのばしても良いです。





2011110118583114468.jpg

最後に擦り込むようにのばしながら
布で拭いていきます。

できれば、この手順を2回繰り返すと
しっかりとした塗装ができます。




2011110119004712349.jpg


今回使用した塗料はオスモカラーの
ウッドステインクリアープラスという商品です。
この塗料は外部用では珍しく
クリアー塗装できるものです。








当社の施主様でご興味のある方はご相談下さい。

 
2011年10月28日
木製ドアのメンテナンス
とても良い気候に誘われて、今日は事務所の玄関ドアの
塗装を行いました。

現在、事務所の玄関ドアは前の事務所で使っていた
木製ドアをそのまま使っています。
このドアは全て無垢材で作られていて、
私が最も好きな木の素地を活かした色合いに仕上がっています。

ただ、さすがに3年経つと汚れや
表面の油分が失われ、白くなってしまいます。
広葉樹(オークとシオジという樹種)を使うと
特に油分がなくなると割れが目立ってきます。

そのため、重い腰を上げて塗装を行うために
塗料や道具を揃えていました。(それも1ヶ月ほど掛かりましたが(汗))

そしてようやく今日、塗装を行いました。2011102820481723661.jpg2011102820482913698.jpg















左が塗装前、右が塗装後の写真です。
塗装前は白さが目立っていましたが、
塗装をすると本来の木の色合いが復活しました。
その工程は後日、ご紹介したいと思います。

それにしてもいつも気になっていた事を行うと
気持ちが良いものです。

 
2011年06月13日
定期点検
先日、かなり遅くなってしまいましたが、
To様邸に1年(1年半?)点検で伺ってきました。2011061319322322348.jpg
今までに何度か伺っていたこともあり、
大きな問題はなかったのですが、
数ヶ所気になるところがありましたので、
後日、手直しに行かせて頂くことになりました。

写真は浴室の青森ヒバですが、
1年半経っても良い香りが漂っていました。
さらにカビが生えるどころか
全くと言って良いほど、
汚れていないのには驚きました。

浴室もそうですが、他もとても大事に使って頂いているのがよくわかりました。201106132125415395.jpg



また、土間部分にある薪ストーブも
和の空間にとても馴染んでいました。

冬場は実際によく使われていると
お聞きして、エネルギーや
電気のことを考えると
これからご興味のある方には
薦めていきたいと思いました。




2011061321301123657.jpg

左の写真は玄関先の
花壇コーナーです。

奥様がお手入れを
されて、良い感じに
草花を植えられて
いました。




このように道路に面するところに植栽をすることで
ご家族が癒されるだけでなく、通る人やご近所の方も
心が和み、嬉しい気持ちになるのではないでしょうか?
そして、心豊かに暮らしておられると感じる瞬間でもあります。

その他にも、ご主人が家庭菜園にも挑戦されているということで、
思わず話し込んでしまいました。

楽しみながら暮らして頂いているのが
何より嬉しかったです。