Se様邸気密処理

Se様邸では外壁にラスを貼っています。2012092818413312654.jpg



ダブルラスと呼ばれる
金網を先日の防水紙の
上から貼っています。

この上から来週には
モルタルを塗っていく予定です。






内部では断熱材の施工を行っています。2012092818474112882.jpg
壁の厚み12cm一杯に
高性能グラスウールを詰めた上に
気密シートを貼っています。
この気密シートを連続させることで
空気が逃げるのを防ぎます。
さらにコンセントやスイッチには
専用の気密ボックスを付けた上に
気密テープで処理を行います。
また、穴を開けた部分や
シートの端についてはテープを貼って
しっかりと気密をとるようにしています。2012092818520711794.jpg




そして、3階から天井の断熱材を施工し、
壁と同じく気密シートを貼り、
下地の石膏ボードを貼っています。




大工さんに聞くと天井に断熱材を入れると
屋根からの暑さがかなり和らいだそうです。

当分、地味な下地工事が続きますが、
性能を左右する非常に大事な作業です。
しっかりと監督さんと大工さんと
打ち合わせながら進めています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする