木の塗装

M様邸では内装工事も大詰めになってきました。
塗装工事の後、漆喰塗りを行っています。
201110261732482933.jpg2011102617305913976.jpg










左の写真は階段を塗装しているところです。
本当は木部に自然塗料で色をつける塗装は非常に難しいのです。
というのも樹種によって塗料の吸い込み具合が違うため、
同じ色を塗っても違う仕上がりの色になってしまいます。

さらに難しいのが同じ樹種でも産地や加工の仕方、
乾燥状態などによっても色合いが異なるため、
完全に同じにすることはほぼ不可能なのです。

それでも、全体を見た時に違和感が出ないように
調整をしながら現場で職人さんに『ああでもないこうでもない』と
言いながら塗ってもらいました。

M様邸では床や階段、ドア、造作収納、窓枠と
いろんな部分を自然塗料で色つけしています。
完成の時にはそんな仕上がりもご覧頂ければと思います。

また、漆喰はいつものオーストリアの漆喰ですが、
相変わらず職人さんが手際よく作業を行ってくれていました。


HT様邸でも作業が順調に進んでいます。201110261747406110.jpg2011102617480416781.jpg















バルコニーの防水やサッシの取り付けも終わり、
外部の防水シートも貼られました。2011102617501516149.jpg











この防水シートの施工は漏水への最後の砦となりますので、
念入りに確認しておく必要があります。
現場監督の方が確認した後、さらに私が厳しく見ていき、
数ヶ所指摘を行いました。
そしてすぐに是正して頂きました。

この後、通気胴縁やバラ板と呼ばれる板を付け、
さらに防水シートとラスを貼っていく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする