フランスのドアノブ

フレンチテイストを好まれる施主様のお宅では、
フランスのドアノブやドアレバーを使うことがあります。
今日は、今までご提案させて頂いた一部をご紹介します。

自宅のリビングにもフランスのドアレバーを付けました。
・・・と言うか、私が知らない間に決まっていました(^^;)

2011062318374719150.jpg


ハートのモチーフが特徴で、
画像ではよく分かりませんが
アンティークゴールドのような
味のある加工が施されています。
輸入業者の方から、「このデザインを
輸入したのは初めてです!!」と
言われたので、もしかすると
日本で使っているのは今のところ
ウチだけ?なのかもしれません。




2011062318425119231.jpg


明石市J様のお宅でご提案させて
頂いた陶器のドアレバーです。
ぽってりとした柔らかなカーブの
握り手が、優しい雰囲気を醸し出しています。
金属の色は真っ黒ではなく、グレー掛かった
味わいのある色味でした。




201106231844196234.jpg201106232249299634.jpg














右のドアノブは同じくJ様邸で、左のドアレバーは加古川市Ta様邸で
採用となったアイアンタイプです。クルンと巻いたアイアンは、
人気のデザインですね。

2011062318444115938.jpg2011062318451017214.jpg














こちらは陶器を使ったノブですが、
とても触り心地がよく、手にしっくりと馴染みます。
左(楕円形・ベージュ色)は姫路市のD様邸、
右(丸型・白色)は神戸市北区のTS様邸でご提案させて頂きました。
陶器の形や色によってもイメージは変わりますが
台座の形も花のようなものや、上のアイアンタイプに組み合わせた菱形のもの、
クローバーみたいなものなど色々あるので、
どれを組み合わせるか考えるのも又楽しいものです。

ただ、このような輸入のドアノブにはデメリットもあります。
それは、日本に在庫のないものがほとんどで
納期が非常に掛かるということです。
もし壊れた場合には届くまで暫く待って頂くか、代替品を探す必要があります。
その点をご理解頂けるととても幅が広がり、
優れたデザインのものを選んで頂けます。

普段の生活で常に手に触れたり、目につくパーツなので
少し違ったものにすると毎日の生活が
もっと楽しくなるのでは・・・と考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする