業者選びのこと

昨日、少し残念な電話がありました。


弊社の「HPを見た」とのことで、建築業者の人(おそらく工務店)からだったのですが
名前も明かさずに一方的にオーストラリア漆喰(オーストリア漆喰の間違い)を
サイディングの上から塗るのに見積もりして欲しいという話でした。

私も人間的にまだまだなので、あまりの失礼さに
『そんな仕事は受けていません。販売会社に問い合わせたらどうですか?』と
少し声を荒げて言い放しました。

何度も『HPにオーストリア漆喰を紹介しているから電話した。』と言った挙句に
いきなり電話を切る始末。
どうも弊社のHPかブログを見た方が
『サイディングの上からオーストリア漆喰を塗ってほしい』と
その業者に依頼をされたようです。


今までローコストといえる1200万円程度の一戸建て分譲住宅から
3000万円以上の注文住宅に携わってきた経験上、
基本的に金額と仕事の質は比例します。

安く仕上げるには材料はもちろん、職人さんも安く請けてくれる人に
依頼する必要があります。

安く請けた職人さんは手間を掛けず、出来栄えも気にしないで、
とりあえず、仕上げればよいと考えて仕事をする為、
より良い仕事につながることはありません。

安いからと思って依頼すると、とんでもない
トラブルに巻き込まれることがあります。

一方、仕事にプライドを持ったプロ意識の高い職人さんは
自分でより質の高い仕事になるように妥協することなく、
求められて以上の仕事をしてくれます。

その為、少々高くても指名されて次の仕事も生まれます。

そういった意味で、仕事の質とコストは
見合ったものになっていると思います。


少し話をすれば、仕事に対してプライドを持っているか?
プロとして良いものにしたいという意識があるかどうかは
わかると思いますので、くれぐれも業者の選択は慎重に、
そしてよく見極めて下さい。


今回のことは自分の仕事に対する姿勢を
見つめる良い機会にもなりました。
自戒もこめて、長々と書いてしまい失礼しました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする