NT様邸中間検査

NT様邸では中間検査と瑕疵保険の検査が終わりました。

中間検査では建物の配置や窓や屋根など主に法律に関する部分の検査を行い、瑕疵保険の検査では構造や防水などの10年間の保証となる部分を中心に検査を行っています。
両方共に構造の筋違いや金物などについてはチェックを行う為、より精度の高い確認となります。
どちらも問題なく合格を頂きました。

屋根は上棟の直後にゴムアスルーフィングを施工した後、採寸を行い、ガルバリウム鋼板の屋根を葺いています。

片流れの屋根を棟から軒先まで継ぎ目なく葺くため、レッカー車で荷揚げする必要がありますが、防水性は非常に高いので安心です。
落ち着いたグレー色でシンプルな外観にマッチしそうです。

バルコニーの防水も終わり、外壁の透湿防水シートを貼っています。
このシートは湿気は通しますが、水は通さない特殊なシートです。
何とか雨が降る前に外部の防水は終えることができそうで、とりあえずはひと安心です。
今週の中頃から梅雨が始まりそうで、外部の作業は天気を見ながら進めることになります。

話は変わりますが、ブログのシステムを変更しました。
最近、スマホで見られる方が増えている為、見やすく表示できるようにしています。
記事は何とか移行できましたが、構成は徐々に直していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする