整理収納アドバイザー

整理収納アドバイザーの講習会に参加してきました。
今までは収納を作れば作るほどコストがかかることと
できるだけシンプルに暮らせるのが理想だと考えていたこともあり、
収納はそれほど多く計画しませんでした。
しかし、すっきりとした空間にする為には物があふれないように
少しゆとりのある収納計画が必要だと最近考えるようになりました。

ただ、単に収納を増やしてもまた物が増えてしまい、
結局収納しきれないという結果にもなりかねません。
そこで、今回の講習会で整理について少しでも学ぼうと思いました。
講習会でも使った
整理収納アドバイザー2級認定講座公式テキスト 一番わかりやすい 整理入門』
という本はとても役立ちそうな考え方が満載の本です。
具体的な収納方法の前に整理の考え方や何が自分にとって必要なものか
決めることが重要だということをあらためて感じました。

印象的だったのが、モノをむやみに増やさないということ。
例えば景品などで無料でもらえたり、安いからと言って
ついでに買ってしまったものというのは気に入っているわけではないので
ほとんど使わずにどこかにいってしまうものもあります。
買うときに一生モノと思って買うのと、とりあえず買ったものでは思い入れも違い、
使う頻度や耐用年数も違ってきます。

これは家づくりにも通ずるところがあると思いながら聞いていました。
皆様にも愛着を持って頂ける家づくりをぜひして頂きたいと思います。

せっかく講習に行きましたので、とりあえずは会社や
自宅の整理から実践していきたいと思います。
もし上記の本をお読みになりたいと思われる方は
貸し出しできますので、お気軽におっしゃって下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする